これまでの受賞者

平成29年度 第11回

・京都府知事賞(最優秀賞)・近畿経済産業局長賞

西陣織テキスタイルブランド STARRAIN 酒井 貴寛さん
西陣織アートタイルでの住環境への展開

STARRAIN2

STARRAIN(スターレイン)は、西陣織業界の廃業や後継者不足の問題を解決し、西陣織が後世に続いていくために、和装業界以外の展開を中心に活動しています。
当社の広幅西陣織生地を、生地またはインテリアを中心とした住環境へ展開し、日常の様々な部分で西陣織が身近に感じられるようになることを目的としています。
様々なタイルに変化する西陣織が、日常に彩りをもたらすことを願っています。

 

・京都府知事賞優秀賞 ・京都リビング新聞社賞

 京都府立桂高等学校 京の伝統野菜を守る研究班

京都に新たな漬け物文化の構築を目指して

桂高校1

私たちは「京の伝統野菜」をピクルスに加工した商品を提案します。旬の時期に栽培・流通する伝統野菜をピクルス加工にすることにより、長期間販売することが可能になります。また、漬け物市場で需要が唯一伸びているピクルス加工で新たな市場価値を見出し、伝統野菜を「希少」ではなく「必要」だから残す品目にして、農家の栽培意欲向上や新たな栽培農家の確保に繋げることを目的とします。

 

 

・京都府知事賞 奨励賞 

株式会社ルゥルゥ商會 地野 裕子さん
京都の今、文化・職人技を通し、世界へWAを発信するチャネル形成

地野さま2

  

職人さんたちにとっては当たり前でも、私たちにとっては、新鮮。そんな、身近に埋もれた素材が主役に生まれ変わります。
日本のものづくりに輝きを取り戻すため、素材を切り口としたモダンな商品を開発し、消費者へ届けたい。そんな想いを胸に、次世代へ、日本のよいものを世界へ届けます。
職人さんが作った良い素材を商品化や見せ方を変えることで、継続的に日本の良いものを世界に届けるということを、自社のブランドで実践し、チャネル形成を進めます。 

・京都府知事賞 奨励賞 ・くろちく賞   

 京都フラワーツーリズム合同会社 代表社員 高木 治夫さん 
世界のカメラ愛好家が京文化を発信

高木さま

世界のカメラ愛好家「一眼レフカメラを複数台持つ人」に、京都へ来ていただき「舞妓さん撮影」の機会を有償で提供。
撮影された写真は、舞妓さんがチェックし肖像権をクリア。そして著作権、肖像権を保護したオープンデータとしてネット公開。
世界のカメラ愛好家の情熱、知恵、知識、時間を京文化のために提供していただき京都の魅力を世界へ発信。
現在、6,000枚の質の高い写真が京文化の財産としてストックされ、いつでも誰でも利用できます。
今後は、写真を4K高精細映像として国内、海外のホテルや店舗などへ配信し京文化の魅力発信をすすめていきます。

 

・京都府知事賞 奨励賞 ・京都藝際交流協会賞 

有限会社修美社 常務取締役 山下 昌毅さん 
余り紙を使って作る「紙出」の星屑ノート

img_shide_12

印刷時に残った余り紙や、間違って注文した紙や、断裁して使えなくなったり、半端な枚数で売れなくなったりする白くてきれいな紙や色紙が存在します。これらの紙を再利用することが目的です。これらの紙は倉庫のスペースの問題でリサイクルに出され、再生紙に変わっていく現実があります。このコスト資源は無駄でしかありません。この行き場のない紙の存在を知ってもらうために、星屑ノートを作りました。

  ・京都府知事賞 奨励賞 ・日本経済新聞社京都支社賞 

 宮木 光さん
西陣織物ホットプレス成形品開発プラン

宮木さま2

近年,産学連携プロジェクトと題して,企業と高専・大学の研究室が共同研究開発に取り組んでいます.双方共に,金銭的問題によりプロジェクトに参画しにくいという問題があります.そこで本案は,大学と企業の間に学生団体を設立し,有志学生による研究開発を行うことで,金銭的な問題を解決するビジネスモデルを提案します.提案するにあたって,学生による研究開発が低価格で実行できる可能性を試作の一例によって示し,西陣織の技術を生かした複合材料製品の新たなアイデアを考案しました.このビジネスモデルが実現すれば,他の高専・大学でも各地の様々な伝統文化技術の継承および発展に活用可能なモデルです.

・京都経済界賞 ・京都産業21賞 

SOO代表 日根野 孝司さん
京友禅手染め絹の眼鏡拭きおふきの製造販売

SOOさま1

本事業は絹の眼鏡拭き「おふき」の製造と販売を行います。
絹を京友禅職人が手作業で染色加工した製品は、絹素材が高価であることや、技術力の高い職人が手間暇をかけて非常に多くの工程を分業で染色している為、高価になります。そこで「おふき」は、普段行っている着物の染色に合わせて同時に染色加工を行いコストダウンを図り、また着物と全く同じ染色工程を経ることで、本物の京友禅製品としてのクォリティを維持しています。また、・ブランディング・広告戦略にも独自の戦略をとっており、京都でのみ購入することが出来る「京都ならではの本物の京みやげ」として認知・購入していただけることを目指しています。

・エフエム京都賞 ・京都商工会議所賞 

ちはやぶる宇治の未来をつくる会 代表 森田 誠二 さん
宇治発の固有価値を活用した全世界共感計画

ちはやぶる劇団

歴史を深掘りすることによって導きだした宇治の固有価値を「物語」として様々な芸術・文化・観光事業に載せることで、地域には愛着とソーシャルキャピタルの構築をもたらし、外国人を含む来訪者にはオルタナティブな価値を伝えていきます。催事だけでなくカフェなどの飲食事業、出版事業、プロダクトデザイン事業などの様々なチャンネルで「ちはやぶる価値」を伝えていきます。

・MKタクシー賞 

カリグラフィー京都 知ふみ書道 新見 知ふみさん 
字をデザインする、新しい書道の世界

新見さま1新見さま2

デザイン書道を通して自由に表現できる書道の楽しみ方を広めるため、年齢や性別に縛られず、書道に限らず新しいことや新しい自分に出会いたい人を対象として指導プログラムを提供します。指導は既存の書道教室のインフラを活用し、基本的技法や注意点などの講義と実演・実習形式の指導を対面で行います。また対面指導で蓄積したノウハウを活用し、遠隔指導方法を確立することで、さらに多くの人々にデザイン書道を広めていきます。

・京つけもの西利賞 ・大学コンソーシアム京都賞

京都光華高等学校 谷口 虹波さん、乾 乃野さん

 外国人と舞鶴人が集まる古民家カフェ

京都光華高校 谷口・乾 舞鶴町屋カフェイメージ2

私の実家のある舞鶴市は、京都府の重要港湾があり、年間約40回、何万人もの外国人観光局を乗せたクルーズ客船が入港します。この観光客の人たちに舞鶴のよさを知ってもらうための、案内所を兼ねたカフェを経営し、地域活性につなげたいと考えました。
観光案内所にカフェとお土産物販売店を設置し、抹茶、昔ながらの和菓子、お土産物を販売する店舗は空き家となった市内の長屋を借り、改修し、古い町並み、生活のあとを残すことも目的とします。

・京都銀行賞 

田村 咲紀さん
外国人向け御朱印帳 

広報用_田村咲紀

京都の寺社を訪れる外国人観光客数が年々増加しており、日本の文化を楽しみながら寺社を訪問してほしいという思いから、外国人向け御朱印帳を提案します。御朱印帳を選んだ理由は、近年では御朱印を参拝後にもらうこと、旅の記録になること、漢字の魅力を身近に感じることが出来ることです。提案する御朱印帳には参拝の説明、各ページに京都の寺社の説明が書かれていることにより、参拝文化に触れ易くなっています。

・京都高度技術研究所賞 ・KBS京都賞 

雀休  中村 佳之さん
自然と木の質感を楽しむ京こま体験教室

雀休さま

従来京こまの芯には伝統的に竹を使ってきました。今回、芯を木材や枝に変えることで遊びを通して自然に触れるという目的に広がります。檜松杉など独特な香りや質感があり、説明をして触れて嗅いで気に入った芯に布を巻いて作ります。「京こまは室内遊び、座敷独楽」の世界観を転換させ、野山や自然の中で体感できるこま遊びを提案します(野点茶会のように)。子どもの体験者が、大人になり懐かしく感じて、京こまの購入につながることを期待します。京こまを後世に伝えられるお客様をはぐくむためにも。

 ・京都新聞賞 ・京都信用金庫賞  

健康和惣菜ながいきおまめ 蔵立 悦子さん
健康ばんざい!どこでも出張シェフサービス

蔵立さま3

店頭販売や配食以外のお客様にも「ながいきおまめ」の惣菜を味わっていただき、おばんざいの素晴らしさを伝えたい思いから、それぞれの施設やお宅に伺い、調理をさせていただく出張シェフサービスを展開します。高齢者施設や保育施設への行事食などの出張サービス、企業や事業所へのケータリング、ご家族の記念日やママ友会など小さなお子様がおられても気兼ねなく、できたての味を楽しんでいただける出張サービスを提供します。

 

・京都中央信用金庫賞 

西村 武志さん
木灯 Komorebi 京 北山杉に友禅彫刻

西村さま2

「伝統は革新の連続である」
友禅彫刻の技を活かしたフランス人デザイナーとの共同開発商品 木灯 Komorebi(北山杉に友禅彫刻を施したティライト)を国内外で販売へ。
海外国内展示会での実演販売を継続、より多くの人に技と商品をアピール、販路拡大と新商品開発へと展開します。伝統の技を世界へ発信→技術伝承→後継者の育成→新商品開発へ繋げてゆく事業プランです。 

・とらや賞 ・ヤサカ賞 

合同会社横山フードテクノ 代表社員 横山 定治さん
ほとんど無塩の醤油様調味料を開発する

横山さま_製品写真

本ビジネスプランでは、日本伝統の麹菌を使用した発行技術を用いて、ほとんど無塩の醤油様調味料を開発します。本調味料は、醤油香気がなく、食塩濃度が1%である他はほとんど濃い口醤油と同じ程度のアミノ酸及びペプチド等の旨味成分を有する天然調味料です。素材の良さを強調し、うす味が特徴の京料理への利用目的以外に、国内死因の1/4を占める、高血圧由来疾患(脳血管、心臓)及び糖尿病の予防及び治療の為の減塩食への利用を目的とします。

 

平成28年度 第10回

・京都府知事賞(最優秀賞)・くろちく賞

クリスタルローズ 西野 友香子さん
食用絵柄金箔の海外への販売促進と日本展開

  裏⑧-2 クリスタルローズ

食用金箔は、お菓子やお料理のトッピングとしてフレーク状にした物の利用が主流ですが、食用絵柄金箔は、紅茶、お水など温冷の飲み物に浮かべることができます。

本商品の飲み物に対応する特長とオリジナリティの高さ、及び京都ブランドを活かし、まずは海外で評判を高め、次に日本市場への販路を増やしていく計画です。

・京都府知事賞優秀賞

 株式会社京都絞美京 代表取締役 松岡 輝一
京鹿の子絞の伝統技法と最新3D技術の融合

 裏②京都絞美京

京鹿の子絞の伝統技法を活かして、デジタル3Dプリンターによる今までにない立体的な板締め絞り染めの新製品開発を行い、洋装ファッション分野へ進出します。京鹿の子絞の技法を活かした新製品開発を行うにあたり、デジタル3Dプリンターを使って自社で型の作成・開発・保存を行うことで、京鹿の子絞という伝統工芸を新たな技術と結びつけ、伝統産業の振興を図り、地域資源として保存したいと考えています。

・京都府知事賞 奨励賞 

株式会社イマジン 代表取締役社長 井上 正佳さん
障がい者アートによる壁紙プリント普及事業

   裏⑥ (株)イマジン

障がい者の制作する絵画やイラストなどの平面作品を、壁紙というメディアに転換し、販売・普及していく事業です。
紹介される機会の少ない障がい者の豊かな表現を取材・撮影し、デジタルコンテンツ化の上、額縁や紙上に収まらない大画面デジタルプリント装飾を実現します。
こうして、現代社会の様々な屋内外シーンに展開することにより、多くの人の目に触れ、感じ、関係します。美術館やギャラリーではなく、既成の枠に囚われない、批評とは無縁の空間で紹介していくということの意義をクライアントと共有し、その報酬を作者・家族・各事業所に還元し、障がい者の自立支援に貢献するとともに、「素敵な空間の創造」の継続可能なシステムを構築していきます。

・京都府知事賞 奨励賞   

 Ken MAKIE Studio 「彩輝光」大町 憲治さん 
漆工芸 伝統の技と新素材・新技術との融合

  平棗に京都オパール「刈安」貼り付け加工

従来の漆工芸基本技法に加え、私が創始考案した蒔絵・螺鈿の技術を応用した京都オパールを使った技法「彩輝光:さいきこう」を駆使して新たな漆器製品への新表現と自身の作品制作を展開し、この漆工芸新技法「彩輝光」を活かした自動車部品や家電製品など工業製品への装飾技術展開、万年筆やジュエリー等の高級趣向品への装飾応用を売り込んで行きたいと考えています。
また制作に3Dプリンターを活用する事で新たな成形を可能にし、様々な分野へのPRを考えています。
今後は京都の伝統的な工芸技術と新しい素材、技術を融合させた“新工芸”ともいえる作品の海外への展開を試みて行こうと思っています。

・京都府知事賞 奨励賞 ・京都中央信用金庫賞 

特定非営利活動法人 TOSSいちばん星 理事長 越智 敏洋さん 
エジソンになろう!八幡竹でのランプ作り

 裏⑮-2 TOSSいちばん星

エジソンがランプを発明したエピソードを追体験できる実験キットです。約140年前、本物のランプに使われたフィラメント(芯材)と同じ八幡の竹を材料として、子どもたちが実際にランプ作りを行いながら学習できます。
児童向け・指導者向けの両テキストを合わせてキットとし、地元の子どもには地域の史実を学びながら郷土愛をはぐくみ、全国の子どもにはエジソンのやり抜く力や日本人発明家の素晴らしさを伝えられる教材にします。
わかりやすく、購入しやすい価格の実験キットとして、学校の理科や道徳の教材、地域のイベント教室での活用が可能となっています。

・京都府知事賞 奨励賞 ・京都信用金庫賞 ・ヤサカ賞 

 PLAYSPACE合同会社 代表 吉光 清隆さん
パフォーマンスを軸に創造発信拠点を京都で

裏⑩-1 PLAYSPACE

これまでに吉光が育ててきた水と映像を使用したパフォーマンス、さらに様々な舞台で培ってきた映像演出のノウハウをつぎ込み新たなライブエンターテイメント作品を作り、ビジネスとして成立させます。
その運営を軸にして、次々と作品が生まれる創造発信拠点として、 新たな才能の発掘、人材育成、アーティストやパフォーマー、技術者の就労促進につなげたいと考えています。

・京都経済界賞 ・近畿経済産業局長賞 

株式会社Yumegurashi 代表取締役 大門 真悟さん
工芸を陳列・販売する客室と工房探索ツアー

 

「京都茶の宿七十七」は、日本の文化に親しむことをコンセプトに、訪日外国人観光客を対象とした旅館です。客室は、睡眠、休息の場として使われますが、美術館の一室のように、工芸品と、その製品及び作者の説明書を陳列し、気軽に触れることが出来るようにします。このことで、寛いで工芸に親しみ、日本文化を理解出来る時間を創造する客室にもなります。
また、気に入った工芸品は購入することもでき、興味を持たれた工芸品の工房を訪れるツアーで製作工程を見ることも出来ます。

・エフエム京都賞 ・きょうつけもの西利賞 

移動する竹村商店 竹村 知紘 さん
新焼き芋やさん

 

焼き芋屋さんで次の2つの事をします。
①焼き芋×防犯
夕暮れ時に帰宅の呼びかけ、BGMを流す取り組みです。
こども110番となる事で普段の犯罪の抑止力になるとともに、万が一事件が発生した際の逃げ場になります。
②焼き芋×クリエイター
“紙袋のデザイン”を担当してもらう取り組みです。
売れていない作家さんの活躍の場所、表現の場所として活用します。
具体的にはお客様に渡す“紙袋”をデザインしてもらいます。

・MKタクシー賞 ・KBS京都賞 

流しの洋裁人 原田 陽子さん 
流しの洋裁人 洛中へ

 

今や、作るより買う方が早くてきれいで安くなってしまい、ファッションを学ぶ意識のある学生においても、普段自分たちが着ている服が、世界のどこかの誰かの手によって縫われていることを知らないといったことも多い。これは日常生活とものづくりの現場が乖離されているために起きている現象ととらえています。
ものづくり日本とかつて呼ばれたような日常のものづくり豊かな土壌、基礎体力は現在の日本では薄れつつあります。
もし日常のなかにものづくりの光景がひょっこり現れるようになると、ものごとの考え方は変化すると思います。
このような背景から、市内に洋裁の屋台を引いて出没し、服をその場で制作しながら販売することにより、街中に洋裁の光景を設けたい。

・京都銀行賞 

京都光華高等学校 山本 望乃さん
京抹茶マンスリー・アラカルト 

 

京都のお茶(抹茶)は、国内外問わず人気があり、お茶にはいろいろな体への健康効果があります。そのお茶を使い、一年を通していろいろなお茶の形を提案したいと思います。一年に12回、お茶にちなんだ商品をお届けします。その内1回は京都へ来ていただき、茶摘み・焙煎などの体験ができるプランとします。来てもらうだけでなく、体験し、京都のお茶を楽しんでもらいます。

・京都高度技術研究所賞 ・大学コンソーシアム京都賞 

今西 賢さん
京刃物の技術を用いた海外向けナイフの開発

 

京都には平安建都に伴い、優秀な刀鍛冶が奈良から移住し、京刃物の歴史が始まり、刀匠の技術は受け継がれています。この「刀匠から受け継がれている技術」は外国人に対しては特に大きなセールスポイントになると考えます。更に、海外では日本と違い、ナイフに対するイメージも生活様式や環境から比較的にネガティブではないと考えられます。そこで海外向けの製品として京刃物技術を取り入れたナイフを製作、販売し、京刃物の良さを世界にアピールします。

・京都産業21賞 ・日本経済新聞社京都支社賞  

日本天鵞絨工業株式会社 代表取締役 藤本 義人さん
地域資源を活かして「天然染織物」を作る

 

耕作放棄された農地を活用する為に収穫時期が長く腐敗しない農作物として「京都藍」を植えることで農業従事者を増やします。
また、里山から取れる桜、クヌギ、柘植などの間伐材を生かして糸を草木染をします
こうして、織物を作りたい人たちと一緒に自分たちで染めた「京染藍」「草木染」の糸で「京天然織物」を製造して京都丹波ブランド製品として世界にも広く売り込みます。

・京都商工会議所賞 ・京都新聞賞 

Kyo kuge 久下 皓三さん
Kyo brush~京都発の化粧筆~

京都の職人達と一本の化粧筆を作り上げ、京都という付加価値に見合った本物を提案し、化粧筆の概念を変えます。
化粧筆を通して女性のキレイを応援し、メイク業界に新しい風を吹き込み kyo brush という京都の新しい名産としての地位を確立し、持続的な生産、販売を目指します。

・京都リビング新聞社賞 

[en]エン・プロジェクト 猪鼻 一帆さん
[en]project エン・プロジェクト

 

「職人」が独自の可能性を持つことによって、京都、また地方にしかない文化のネットワークを創ることが可能になります。また、庭だけに囚われない新たな事業を生み出すことも可能です。
年々、減少している事業継承者の裾野拡大、また海外に向けてのソフトコンテンツとしての紹介を行います。フィールドワークや海外のガーデニングショー等の出展に向けてのサポート等も実施します。
職人文化の発展を目指しています。京の美しい情景(自然風景や景観、祭、農産物など)を72色で表現したオリジナルの「洛景七十二彩」を落とし込んだ「毎日のくらしのための生活プロダクト」の開発です。 それぞれに特徴的な「色名」を冠し、京の情景色が浮かぶ「物語」を一つ一つ書き上げ、品々に込めました。

・とらや賞 

歌垣風呂推進委員会 代表 陸奥 賢さん

風呂を短歌で男女の出会いの場に!歌垣風呂

独身男性と独身女性とで別れて、それぞれ男風呂、女風呂に入り、主催者側がテーマを与えて、即興で風呂場で短歌(三十一文字)を作成して発表します。異性の歌を聴いて、良いと思ったものを選び、お互いに相手の歌を選択していたらカップルが成立です。その後は、お互いの連絡先を交換してもらい、交流を深めます。

成27年度 第9回

・京都府知事賞(最優秀賞)・京つけもの西利賞・KBS京都賞                       京都府立桂高等学校 京の伝統野菜を守る研究班
九条太ねぎから広げる京都の新しい魅せ方

Exif_JPEG_PICTURE

 先祖代々受け継がれてきた貴重な種である「九条太ねぎ」の新たな市場価値を見出し、需要拡大に繋げることで、「希少」から「必要」だから残す品種にします。味はもちろん、歴史的魅力や機能性などの付加価値のある商品を開発、販売、情報発信し、新たな栽培農家の確保を目指します。

・京都府知事賞優秀賞  くろちく賞 青木 聡子/筒描屋 toko.
toko.の染柄WAGASHI

青木聡子(和菓子・鳥)

 これまで屏風や暖簾、洋服等に染めていたデザインを和菓子として提供することで、人々が生活する上で重要な「衣食住」の全てに関わることができるとともに、京都の文化で代表的なイメージのある「染」と「和菓子」を融合させることで、伝統と新しさの両方を大事にした作品が生まれました。

・京都府知事賞 奨励賞 関西巻取箔工業株式会社
“転写箔” 変わりゆく金箔表現の美しさ

03 関西巻取箔工業株式会社

 カーボン複写紙と同じ方法で、ペーパーの上からボールペン等で文字を書くだけで簡単に金箔押し文字をかくことができる「金文字箔押ペーパーGilded Paper」。これまで職人技が必要だった箔加工を誰でも気軽に楽しめるカタチに仕上げました。

・京都府知事賞 奨励賞 ・京都産業21賞・日本経済新聞社京都支社賞                   京すだれ川﨑 有限会社川﨑すだれ 
ぼかしを活かした京すだれ

04 すだれや

 すだれ文化を残すため、新しいすだれ作りを目標にいろいろな「すだれ」を作ってきました。今回、提案のすだれは、着物のぼかしをイメージしたグラディーションすだれです。材料の編み方を変えることで、オリジナルのすだれができます。

・京都府知事賞 奨励賞 ・京都高度技術研究所賞 齋藤 浩一郎さん 
学生劇団スタッフによる公演支援チームの設立

⑧ 齋藤さん

 規模文化イベントにおいて不足しながちな裏方業務の需要を満たすため、学生劇団による人的・物的支援を行います。スタッフを登録制にし、派遣を行うとともに、学生劇団の所有する舞台設営用の物品や機材をリスト化し、貸し出しも行います。

・京都府知事賞 奨励賞  日本天鵞絨工業株式会社
「京都製本物ビロード鼻緒」の製造と販売

日本天鵞絨工業(ボタン)日本天鵞絨工業(下駄)

江戸時代から続くビロードの製造技術を継承するため、ビロードの新しい販路を開拓します。今回の提案では、自社でビロード鼻緒、さらには、その鼻緒をすげた下駄を製造し、直接、小売店に販売することで、「本物のいいビロード鼻緒」を使った下駄等の商品を消費者の元へ届けます。

・京都経済界賞 株式会社京都絞美京
京鹿の子絞の伝統技法を活かす海外洋装進出

07 京都美京207 京都美京1

京都の伝統工芸「京鹿の子絞」技法を活かし、和装のみならず、首都圏や海外に向け、洋装ファッションでの新規顧客を開拓します。和装の需要が低迷する中、新顧客を開拓するため受け継いできた伝統技術を活かし、パリのデザイナーのアドバイスの元、新製品を作ります。

・近畿経済産業局長賞 株式会社つえ屋 
杖と伝統工芸の新しい文化の創造と世界への発信

08 つえ屋

と漆塗や蒔絵、人工宝石、京友禅、西陣織、清水焼などの伝統工芸や地場産業を融合させることにより、新たな文化の創造を目指します。そして、従来の介護用品というイメージを払拭し、誰もが持ちたくなる、また持っていて自慢したくなる商品を製作します。

・エフエム京都賞・京都信用金庫賞 京都府立京都すばる高等学校 企画科 T-BOX 
京都 is KAWAiiアクセサリー

09京都すばる高校写真

京都を訪れる外国人をターゲットに、京都の伝統文化を生かした商品を企画・開発及び販売促進し、京都の伝統産業を活発にするとともに、外国人に京都の良さを知ってもらいます。
デザインは、外国人に親しみやすいよう斬新で、おしゃれなアイテムをコンセプトにします。

・MKタクシー賞 Kuadd 株式会社
過去の出来事が見えるカメラアプリ 

10 kuadd

観光客をターゲットに、スマートフォンやタブレット端末のカメラ越しに、過去の出来事がアニメにより見えるアプリを提供します。このアプリにより、観光客は前提知識がなくても史跡で起きた出来事を目の前で見ることができます。

・京都銀行賞・京都リビング新聞社賞 柿渋Houseみます
京都・山城製造の柿渋で染めた柿渋染寝具

② 柿渋Houseみます A 柿渋Houseみます(柿)

これまでの液状柿渋染製品は、ゴアゴアした硬さでしたが、渋味成分の多い京都・山城の「天王柿」から搾汁し「長期間熟成させた古渋」と私が開発した「顆粒柿渋」により、肌に優しい風合いに染め上げることができました。本事業の進展で、天王柿の増殖栽培につながることを期待します。

・京都商工会所賞・ヤサカ賞  株式会社宇野商店
歌舞伎、文楽衣裳デザインを取り入れたバッグ、小物

① 宇野商店修正

歌舞伎、文楽衣裳のデザインの奥深さや歴史を多くの人々に知っていただきたく、中古デニムなどカジュアルな生地の素材に弁慶格子などのデザインを施したバッグ等を生産、販売しています。
この商品を手に取ることで、伝統芸能に興味を持っていただく機会になればと思います。

・京都新聞賞 京都光華高等学校・大学コンソーシアム京都賞 小川絢音さん
光華女子学園制服改革による京都撫子計画

京都を訪れる外国人をターゲットに、京都の伝統文化を生かした商品を企画・開発及び販売促進し、京都の伝統産業を活発にするとともに、外国人に京都の良さを知ってもらいます。
デザインは、外国人に親しみやすいよう斬新で、おしゃれなアイテムをコンセプトにします。

・京都中央信用金庫賞・クリップ賞 洛景工房株式会社
京の情景色でデザイン。「京土産の進化形」

⑤ 洛景工房1

京の美しい情景(自然風景や景観、祭、農産物など)を72色で表現したオリジナルの「洛景七十二彩」を落とし込んだ「毎日のくらしのための生活プロダクト」の開発です。 それぞれに特徴的な「色名」を冠し、京の情景色が浮かぶ「物語」を一つ一つ書き上げ、品々に込めました。

・とらや賞 株式会社鈴木松風堂
西陣織を用いた京都伝統地場産業の活性化

C 鈴木松風堂2  B 鈴木松風堂1

西陣織などの着物や帯の仕立て直しで発生する生地を捨ててしまうのは「もったいない」ので、混抄を得意とする板紙メーカーの大和板紙(株)で紙を造り、自社で紙製品に展開します。着物の生地を柄として表現した和風なオリジナルの紙で土産物のパッケージ等として提案します。

 

平成26年度 第8回

・京都府知事賞(最優秀賞) 株式会社Kyoto Natural Factory
京の伝統を革新、北山杉で和のオーディオ

natural factory

 北山杉の伝統を守るために革新的な息吹を吹き込み、この木の美しさを改めて世界に問いかけ、床柱だけではない利用方法を生み出してもらいたい」そんな思いから生まれた商品です。オーディオというとメタリックな男っぽいイメージが強いのですが、無垢木をそのまま活かし、「木がそこにある、優しく触れたくなる、そして大切にしたい」のが「年輪」。この製品を通じて、30年かけて育った北山杉を感じてください。

・京都府知事賞優秀賞  近畿経済産業局長賞、京都商工会所賞  株式会社京都紋付
古着を「真っ黒」に染め直してRE WEAR

fnav_img02

和装業界が年々衰退の一途をたどる中、この状況を打開すべく、多角化の一環として、世界的レベルの黒さを誇る「深黒染」技術を活かし、古着や衣料業者でデットストックとなっている衣類を「真っ黒」に染め替え、衣類の再利用を促進するリサイクル事業を開始。また、この事業を通じ、全世界の社会的課題である「地球環境保護」に役立てるべく、収益の一部をWWFへの寄付金に充当。

・京都府知事賞 奨励賞・RIMA400年記念賞 株式会社伊と幸
京都の絹文化「さっとテーブル」で世界へ挑戦!

伊と幸  

京都の文化資産であり、日本の宝である絹織物の美を現代の先端産業技術と融合加工することで、現代の生活空間に合うインテリア資材へと進化させ、京都の和の美を世界へ伝えていきます。茶道立礼台としても使用できるSilk Art Tea Tableは、京都デザイン賞2014に入選、ルーブル美術館別館での展示、パリ日本文化会館でも収蔵。

京都府知事賞 奨励賞・RIMPA400年記念賞 チーム琳派
伝統的工芸品産業の琳派活用「漆工芸」編

シモデ先生             シモデ先生2   

琳派400年を迎え、美術史や絵画史において琳派の評価は高まり、研究に拍車がかかっています。工芸では、一部着物など絵画を多く取り入れることができる伝統産業はあるものの、多くの工芸での淋派活用方法は無きに等しいと思われます。この事業は、工芸において琳派の活用方法を構築し、そのモデルとして漆の新製品を製作展示します。展示作品を収録した出版物を作り、琳派活用の漆器の魅力を広く発信します。

・京都経済界賞・京都産業21賞・KBS京都賞 関西巻取箔工業株式会社
”箔押シート”で自分ブランドをカタチに!

関西巻取箔工業(株)2

古くから人々を魅了し続けてきた”金箔”、その魅力と現代の技術を融合させ、これまで専門業者や設備が必要だった”箔押し”表現を誰にでも楽しめるカタチに。煌びやかな金箔や銀箔、彩り豊かな色箔を特殊な転写紙=箔押シートに仕立て、オリジナルデザインをカーボン紙の要領で金文字を表現したり、アイロンやラミネ-ターでプリントしたり。。。名刺やTシャツ、革製品、など様々なアプリケーションへの箔押し表現を可能にします。

・エフエム京都賞・京都中央信用金庫賞 内藤印刷株式会社
大切な街並みをイラストで「文化遺産」に

内藤印刷

地域に根ざした情報伝達企業として「残しておきたい我が街の風景」に着目し、写真では表すことのできない繊細なタッチで風景をイラストで残す事に決め、「イラストを通して地域の人とまちの元気づくり」を目的に亀岡が生誕地である石門心学の開祖 石田梅岩先生の「先義後利」の教えの元、「京都・亀岡ひとまち百景」事業を立ち上げました。地域の人から残したい街並みの写真を募集し、特徴ある部分をデフォルメしてイラストを作製、そのイラストを利用した様々なグッズを開発。

・MKタクシー賞 TU   CHENDIさん
西陣織のアイマスク

西陣織のアイマスクは、その美しさだけではなく、シルクは、動物性タンパク質で人間の肌と似ている化学結合があるため、アイマスクに適しています。また、シルクは、紫外線の抵抗性、吸湿性、抗菌性、通気性等の多くの優れた点があります。

・京つけもの西利賞・大学コンソーシアム京都賞  京都府立網野高等学校企画経営科
第10次産業プロジェクト

京都府北部には、郷土食「丹後ばら寿司」をはじめ、地場産業「丹後王国」などの歴史、伝統、文化など観光資源が豊富ですが、全国的には知名度が低いのが現状です。一方、丹後地域は、過疎化や少子高齢化が進行しています。まち全体の元気を取り戻すためにも第1次産業から第2次、第3次産業に第4次産業の観光を加えて、”第10次産業化”にした新ビジネスモデルを提案。

・京都銀行賞 藤原 一浩さん
導電性織物を用いた次世代電子機器の構築

メガネ型や腕時計型で知られるウエアラブル電子機器は、金属では複雑な形状の物体に取り付けにくい、装着時の違和感、通信性能の維持という課題があります。そこで、それらの課題の克服に適していると考えられる導電性織物で構成した電子機器の実現及び普及を提案。また、電子機器としての機能性だけではなく、芸術性・独創性を付加し、「KYOTO」ブランドを世界にアピールするため、本体を構成する織物は西陣織を使用。

・京都高度技術研究賞・日本経済新聞社京都支社賞 上田 源さん
酒と日本文化を「古路毛都々美」につつんで

海外において、日本酒の贈答用としての形を発展させるために、包装に風呂敷を用い、高級感を演出します。「源氏物語」五四帖を参照し、色を何色か選定し、盛り込むことで「襲」を表現します。また、「源氏物語」についての冊子を付属し、酒の味だけでなく、肌や目、物語など様々な楽しみを一つの商品に盛り込む形を提案します。

・京都新聞賞・ヤサカ賞 丸太屋産業株式会社
琳派のデザインがされた「しまえーる」

丸太屋産業1丸太屋産業2

商品を梱包する箱は、無造作に捨てられる運命にある。そこで、その箱を変身させて蘇らせる事を思いついたのが、「立てて、飾って、しまえーる!」(特許取得)です。この箱があれば、大小の「立てかけて置きたい物、ぶら下げておきたい物等」に対応することが可能です。軽い、安い、色々な材質で作れる、エコにつながる商品です。

・京都信用金庫賞・京都リビング新聞社賞 アートギャラリーbe京都
マンスリー・アート・レンタル

ƒA[ƒgƒŒƒ“ƒ^ƒ‹•A.ai

現代作家の平面作品を忠実に再現した高品質なレプリカ作品のレンタルサービス。月ごとに作品交換が可能でカジュアルに絵を楽しめます。サイズはA3又はA4が選択でき、料金は一律1,980円です。医療機関、宿泊施設、オフィス、個人宅など様々なシーンで利用可。若手アーティスト支援、アートを通じた地域活性、生活向上、機会創出、育成のため、アート作品を「売る」発想から脱却し、レンタルとしての新アートを提供します。

・クリップ賞 株式会社寺島保太良商品
金銀糸を用いた富裕層向けプロダクト商品の開発

寺島保太郎商店1 寺島保太郎商店2寺島保太郎商店3

京都をはじめ、日本各地の伝統的な地域文化のものづくりを支える「金銀糸」を守るため、「金銀糸」の認知度を拡め、新しい用途の拡大を図ることとし、消費者向けに金銀糸を用いたプロダクト製品を自社ブランドとして開発しました。

・くろちく賞 橋本 樹生馬さん
京都の寺院での、食と健康を学ぶ飲食店事業

京都の伝統的な寺院で、日本文化を味わいながら、100%植物性の新しい精進料理を弁当スタイルで提供します。食・健康・文化を同時に味わえ、集客力・収益性が厳しい寺院への集客も可能にする事業を目指します。寺院のスペースを居心地の良い場所に変え、そこで、寺院に由来したおかずの入った新しい精進弁当「寺弁(てらべん)」を提供。寺院ならではの言葉を来訪者に配るなど、御朱印帳のようにコレクター性も高め、多くの寺院に新しい人が訪れ、食と文化を通じ、健康についても意識する事業とします。

・とらや賞 阪田 将揮さん
伝統産業アプリケーションを使用した新スタイルの京都観光

概して衰退傾向にある京都の伝統産業に光りを当てるため、京瓦や京提灯、建築飾り、漆芸など京都の街、生活に欠かすことのできない伝統産業品を題材とした携帯端末向けアプリケーションを開発し、それを使用(プレイ)して京都観光・街歩きをすることで、従来の京都観光では目を向けられにくい工芸品を観光材料とする新しい観光スタイルを提案します。

            

平成25年度 第7回

・京都府知事賞最優秀賞 株式会社京でん
「京都ならではのオーダーメイド財布&革小物」

 世の中の移り変わりがどんどん早くなってきており、直接お客様の声を聞いたり動向を確認しながら市場のニーズに素早く対応できる体制が必要と感じ、直営店をスタート。店頭に足を運んでいただき、対面で商品を選び、お待ちいただく事が価値にもつながるオーダーメイドサービスで新たな活路が見いだせると考えています。

・京都府知事賞優秀賞・京都新聞社賞 リッジクリエイティブ株式会社
「京都の観光名所をプロジェクションマッピングで彩る」

京都の寺社仏閣や史蹟名称に、プロジェクションマッピングを実施。建設当時の色を映像により再現するだけでなく、建築の細やかな形・式・模様等の構成を活かし、映像と音楽により、建築物の魅力を引き出し、子どもから大人、外国人が楽しめる新しい観光コンテンツとしての定着を目指す。

・京都府知事賞奨励賞・KBS京都賞 染織八匠会
「車椅子で自由に楽しむキモノの提案」

車椅子でのキモノのバリアフリー化を図ることで、成人式に振り袖などの晴れ着を着る歓びや、高齢者にとっても負担を少なくして着用できる歓びを味わってもらいたい。また、このことによって京都の街にキモノの着用者が少しでも増えて、観光都市京都の魅力的な町づくりに寄与できればと思います。

・京都府知事賞奨励賞・京都産業21賞 東雄技研株式会社
「Arts and Composites-京友禅とFRP」

京友禅の美しさと高度な染色技術を複合材料(繊維とプラスティック)の素材として使用し、さらに京友禅の図案の美しさを兼ね備えた複合材料Arts and Compositesを創造。具体的には、住宅設備(バスタブ、洗面台など)や装飾容器などに使用の場を展開し、京都の伝統工芸の素晴らしさを具備した新商品を国内外に訴求する。

・京都経済界賞・くろちく賞  株式会社弥栄
「京都発信「一榮十二単」での記念写真、婚礼」

・近畿経済産業局賞・MKタクシー賞  アートギャラリーbe京都
「新しい写真文化-プレミアムフォトブック」

・エフエム京都賞・京都銀行賞  田中 英哉さん
「古都京都をぶらりと探訪「ことぶら」

・京つけもの西利賞・京都中央信用金庫賞 京都府立桂高校京の伝統野菜を守る研究班
「新たな京ブランド機能性食材の開発

・京都高度技術研究所賞・京都リビング新聞社賞  滝村 陽子さん
「こども芸術教室 Kidz Lab.」

・京都商工会議所賞・クリップ賞・日本経済新聞社賞  ちゆりとは
「けふのおと 「きょうを歩く」

・京都信用金庫賞・とらや賞  キモノッチ・プロジェクト
「着替える腕時計で世界を京都に~キモノッチ」

・大学コンソーシアム京都賞  病院×Artプロジェクト
「医療介護分野での京都芸術のブランド化」

・ヤサカ賞  NPO法人インターナショナルコミュニティ倶楽部
「京来(キョウクル)文化交流プログラム」
 

 

平成24年度 第6回

<ビジネスモデル部門>

・京都府知事賞最優秀賞 株式会社Soliton Corporation
京の明日を彩る~友禅塗り絵で認知症予防~

高齢者施設入居者に筆ペンによる塗り絵をしてもらうという実験をしたところ、ナースコール回数と転倒事故が著しく減少した。認知症の進行を事前に予防できるとともに、下絵に京友禅の型紙、筆記具に筆ペンを使用することで、現代の日本が抱える高齢化という課題を日本文化が代々受け継いできた伝統工芸品をツールに解決する。

 

・京都府知事賞優秀賞  食一
「漁師が食べる旨い地魚ブランド「海一流」

各地で水揚げされる、食べれば美味しいけれど姿が悪い等で都市部には卸されず、現地の漁師達だけで食べている魚がある。そんな魚をピックアップして、それらをブランド化あい、お店のメニューに加えることで日本の食卓にのぼる新たな魚の開拓を行う。ブランド名は「海一流」とし、産地に眠っている美味しい地魚をこのブランドに認定する。

 

・京都経済界賞・京都中央信用金庫賞  株式会社京都紋付
「世界最高の黒さを追求した黒染加工技術」

・近畿経済産業局長賞・京都銀行賞  NPO法人ライブエンターテイメント推進協議会
「新しい観光コンテンツの創造」  

・エフエム京都賞・京都商工会議所賞  Japanese Accessories 睦海
「信仰物とアクセサリーの融合を創造する」 

・MKタクシー賞・京都高度技術研究所賞  三原 岳さん
「ADDA~新時代の店舗インフラ構築」

・京都産業21賞・京都リビング新聞社賞  株式会社織彦
「E-タンス」産直で蘇る着物帯・京都発」 

・京都信用金庫賞  西村 大さん
「家族お揃いTシャツで絆を深めてカッコ良く」
 

 

<アイデア部門>  

・京都府知事賞最優秀賞・京つけもの西利賞 京の伝統野菜を守る研究班
「京の伝統野菜「桂うり」の機能性を活かした新たな加工品の開発」

京の伝統野菜の一つである桂うりの、完熟期に発生する「メロン」のような香りに着目し、賞品開発を検討した。この香気成分には、様々な機能性が含まれており、また、血糖値抑制効果が期待できる。糖尿病患者用の低カロリースイーツを加工業者・大学と共同で商品開発し、今後、インターネットを使った全国販売を目指す。

 

・京都府知事賞優秀賞  京都工芸繊維大学バイオベースカラーリングス
「クワ廃材色素による染色と持続社会への寄与」

桑から得られるモリンを主成分とする色素を用いた新しい染色法を開発する。モリンの錯体形成による調色法や蛍光発色法を発見したため、本法により多彩な染色が可能である。桑は成長が早く炭素同化率が高いため、育成により二酸化炭素の削減につながる。養蚕過程で廃材として捨てていた部分から機能性有用色素を製造することにより、持続社会実現に寄与する。

・京都府知事賞奨励賞・京都新聞社賞 ちゆり
「けふのおと」

京都の魅力ある文化をもっと若い人達知ってもらう手段としてファッションアイテム(タイツ・イヤリング・ピアス)に着目し、京都の文化と組み合わせたものを考えた。組み合わせる「文化」は京都のはんなりとした「色」と平安時代を代表するしなやかな文字「ひらがな」を用いた。また、実際に京都の街を歩き感じた独特の「音」、特に「通り名」は京都の特異な通りを表し、文字の並び、音としての響きも面白いので「通り名」の音をモチーフにした。

・京都府知事賞奨励賞 久下 皓三さん
「京都発信の指化粧布の開発」

京都の生地と、金工で仕上げたリングを組み合わせ、はんなりとした装いのある新しいメイクアイテムを開発し、京都という不可価値に見合ったアイテムを作り上げ、関東、海外、観光客に向けて販売する。選ぶ生地、リングの組み合わせにより、幅広い層に訴求し、メイク業界に新しい風を吹き込む。

・クリップ賞  矢田 裕一さん
「京町家模型型製作販売事業」 

・くろちく賞  坂井 菜美稀さん
「竹の筆箱」 

・KBS京都賞・日本経済新聞社賞  谷口 博子
「ミーア・アンジェラ」着物・私流」   

・大学コンソーシアム京都賞  フォトジェニック
「Photrip~新感覚のトラベルマップ共有~」 

・とらや賞  小菱屋忠兵衛
「京提灯キャンドルサービス」 

・ヤサカ賞  「Ren」奥村 礼子
「竹細工を使った「おみくじ・願い文」アート」
 

平成23年度 第5回

<ビジネスモデル部門>

・京都府知事賞最優秀賞 艸方窯
光る手洗い器の商品開発

滋賀県立窯業試験場が開発した透光性素地を用いてLEDと組み合わせた光る手洗い器。伝統技術と先端科学技術、高いデザイン性の融合によって誕生した本製品は、空間演出の可能性を広げる。

・京都府知事賞優秀賞 株式会社ティーヘッド
もっと自由な服!個性を楽しむフロッキー!

コンセプトは「世界に1枚だけの自分らしさを楽しむ」NYコレクションにも採用された高いデザイン力を持つアーティストKISHIとフロッキー技術とのコラボレーション。KISHIが創り出す世界観と他にはない細くて長い”直植毛フロッキー”が織り成すハーモニー。誰かと同じではなく、着る者だけのファッションを提案する商品である。

・京都経済界賞  株式会社キョーライト
「型紙ミュージアム京都」

・近畿経済産業局長賞・京都信用金庫賞
株式会社ハイファイクラフトジャム事部
「知育モールアート教材・教育支援プログラム」 

・京都銀行賞  下出蒔絵司所
「文化財を継承する蒔絵の賞品開発と販路開拓」

・京都産業21    有福 修司さん
「旅こね(旅×Connection)」

・京都中央信用金庫賞  有限会社アクロスティックサン
「なまえ香~あなただけの香りを作ります~」
 

・京都リビング新聞社賞  有限会社昇苑くみひも+manao
「京くみひもインテリアアート<ウォール用>」
 

<アイデア部門>

・京都府知事賞最優秀賞 久保 貴史さん
「中高男女学生服における京工芸の積極的利用」

・京都府知事賞優秀賞・京つけもの西利賞 京都産業大学久保ゼミナール
「京野菜で作った食べられる紙」

・京都府知事賞グッドアイデア賞・京都新聞社賞 宮崎 美帆さん
「天橋立をアニメ化計画」

・京都府知事賞グッドアイデア賞・くろちく賞 村山あかり さん
「竹シャー」

・AMSTERDAM・KYOTO未来文化賞・京都高度技術研究所賞 山後 喬さん
「フォーリナー・エバンジェリスト」 

・エフエム京都賞  スリーアミーゴス
「京都商店街夏の陣~地区対抗型商店街合戦」 

・MKタクシー賞 石田 晃さん
「京都キリスト教史跡の観光資源化」 

・クリップ賞・ヤサカ賞 杉山 準さん
「伝統文化と日本の原風景を体感するツアー」 

・KBS京都賞  越智 裕美子さん
「着せ替え人形を使って着物を身近に」

・とらや賞   京都光華女子大学 知念ゼミ 和婚プロデュースチーム
「女子大生企画の京の伝統文化を活かす結婚式」 

・日本経済新聞社賞  早崎 順子さん
「ナイトミュージアムによる夜の文化振興」 

 

平成22年度 第4回

<ビジネスモデル部門>

・京都府知事賞最優秀賞・京つけもの西利賞・京都産業21賞 株式会社坂ノ途中
「高付加価値農産物をアジア圏に輸出することで農業の持続可能化に資する事業」

・京都府知事賞優秀賞  かやぶき屋根 屋根晴
「茅葺き民家を用いた宿泊モデル[美山F&B](フトン&Breakfast)の開発」

・京都経済界賞  株式会社solition corporation
「Back to Origin ~日本を誇る~」 

・近畿経済産業局長賞・京都銀行賞  The NIPPON Originating Label
「西陣織、及び丹後ちりめんを表面素材に用いたシール原反の製造、加工、販売」

・エフエム京都賞 山中 陽太さん
「京都でつながるものづくりの輪 興味の扉を開くきっかけとなるイベントプロデュース

・京都商工会議所賞  清水 ひろみ さん
「ウエルカムボードのレンタル」 

・京都信用金庫賞  大澤木工房
「建物から調度品までの伝統敵生活様式の一括した提案と提供」

・KBS京都賞  NPO法人高台寺蒔絵技術等保存伝承会
「東西文化遺産をつなぐ工芸技術の探求-高台寺蒔絵復元調度事業-」 

 

<文化ビジネスアイデア部門>

・京都府知事賞最優秀賞・くろちく賞  学校法人成美学園な美大学 竹内研究室
「京ことば百人一首」(札と解説)

・京都府知事賞優秀賞  高橋 瑤子 さん
京都の古瓦に学ぶ、瓦×漆の製品企画

・京都府知事賞グッドアイデア賞  株式会社イーコンセプト
「エコキャンドルと京都の工芸が結ぶ日本と世界のハート再生事業」

・京都府知事賞グッドアイデア賞・京都高度技術研究所賞  岡本 昌子 さん
「和音づくし」

・MKタクシー賞  株式会社エグザム
「観て楽しむ銭湯の顔~タイル画・壁画に重ねられた歴史を伝え、銭湯文化の継承へ」

・京都新聞社賞  舞踊ダンスカンパニ-今貂子+倚羅座
「和の伝統的劇場での舞踏公演を京都の新しい風物詩に!」 

・京都中央信用金庫賞  シモニッペ
「天然素材「漆」を生活に。描ける金箔細密画の漆芸装飾パネルを楽しむ」 

・京都リビング新聞社賞  山口 尚宣 さん
「モバイルユニット壱間3」 

・とらや賞   淡路谷 朋子 さん
「竹サンダル」
 

・日本経済新聞社賞  平松 隆円 さん
「AR(Augmented Reality)を利用した修学旅行における教育プログラム」

・ヤサカ賞  原田 宣子 さん
「花友禅」 

 

平成21年度 第3回

<ビジネスモデル部門>

・京都府知事賞最優秀賞・ヤサカ賞 一般社団法人 国際紙芝居協会
「百人の紙芝居師が京都の寺社境内、
観光バスで紙芝居 地方・海外公演と紙芝居師育成事業」

・京都府知事賞優秀賞・近畿経済産業局長賞・京都産業21賞  辻 徹 さん
「新しい金網工芸の提案と展開」

・京都経済界賞・アントレ賞・京都商工会議所賞・日本経済新聞社賞 株式会社辻商店
「懐紙を日常に~伝統を見直して、京都から新たな文化を発信」

・MKタクシー賞  京都工芸染匠協同組合
「きものアウトレットモールの設立」 

・とらや賞  京都絞り工芸館
「京の町家で展覧会 -町家で滞在、しばし京都人-」

・京都中央信用金庫賞  京都彫刻家協会
「京都彫刻家協会-アートメンテナンス プロジェクト」

 

<文化ビジネスアイデア部門>

・京都府知事賞最優秀賞・京つけもの西利賞  蔭山 祐太 さん
「京都DE切符」

・京都府知事賞優秀賞・京都信用金庫賞  岡野 将人 さん
「美しい蒔絵漆器を街に-「作る」と「使う」を循環させる京蒔絵漆器のレンタル事業」

・京都府知事賞奨励賞・ロマン吉忠賞  株式会社老松
「京菓子・アート・茶」

・京都府知事賞奨励賞・京都銀行賞  上阪 萌 さん
「北山杉を用いた間仕切りの作成」

・エフエム京都賞・くろちく賞   阿見 かおる さん
「京都に来れば、京都がもらえる-京都おおきにクジ」

・関西電力賞  有限会社エイブル
「不粋な立て看板をセンスのある統一的なデザインにして立て替えよう」

 ・京都リビング新聞社賞  上口 睦人 さん
「アナログとデジタルの融合 染織技術の構成「コンピュータで描く京都の伝統工芸」

・京都新聞社賞  倉重 有希 さん
「50mmの京都」 

・京都高度技術研究所賞  下出祐太郎アンドY・K
「伝統工芸から紐解く京都「京都観光、知恵の系譜」

・KBS京都賞  株式会社傳來工房 新商品開発部
「京町家の知恵を活かした現代版坪庭の提案」 

 

平成20年度 第2回

<ビジネスモデル部門>

・京都府知事賞最優秀賞・近畿経済産業局長賞・京都銀行賞  松田 恭幸 さん
「漆」を身近なものに。-京都の伝統産業が誇る”表面処理技術”を普段づかいする-」

・京都府知事賞優秀賞・京都経済界賞・KBS京都賞  有限会社てじまむワーカーズ
「365日の花個紋でお誂え」

・京都経済界賞・京都高度経済技術研究所賞  株式会社よかPro
「Experience Japan  ニッポン体験」 

・アントレ賞  社会都市計画研究所
「プロジェクトカクチ」

・京都産業21賞    彼方此方屋
「おしゃれ+エコ-京都流Re-キモノ」たとえば、キモノでボタリング」

・京都商工会議所賞  株式会社リテールマネジメントプランニング
「職人技術を駆使した新たな和雑貨の開発及び製造体制の整備と新販売方法
「ファクトリーショップ」の独自開発」

・京都中央信用金庫賞  光映工芸株式会社
「雑貨・クラフト~ファッション・モードの域へ~金彩友禅 和と洋の融合~
~世界の人々へ、京都の伝統工芸技術の挑戦!」

    

<文化ビジネスアイデア部門>

・京都府知事賞最優秀賞・くろちく賞  井上 友希子 さん
「感情豊かな彩りのパレットの中から表現できる子に~京色で未来を描こう」

・京都府知事賞優秀賞・関西電力賞・京都リビング新聞社賞  坂本 貴仁・小泉 拓郎
「感情豊かな彩りのパレットの中から表現できる子に~京色で未来を描こう」

・京都府知事賞奨励賞  仲田 知世 さん
「THEオーダーメイド京和菓子」

・京都府知事賞奨励賞  小川 翔平 さん
「京都芸術特区(Art Zone [Kyo]設置の提案」

・エフエム京都賞  村田 亜佳里 さん
「かるがる当てて京名人

・MKタクシー賞  小見 伸雄 さん
「観光型観光から参加型観光へ NEW「時代祭」

・京つけもの西利賞
京都橘大学現代ビジネス学部現代マネジメント学科基礎演習ⅢEクラス

「地域食材を使用したオリジナルメニューの開発と地域ビジネスへの展開」

・京都新聞社賞   魚住 忠司・安川 昌宏 さん
「組物複合材料と漆塗りの技術が融合した工芸品の開発」

・京都信用金庫賞  京都工芸繊維大学風呂敷愛護団体フローリン
「ちりまっぷ~京都地図をデザインした丹後ちりめん風呂敷~」

・とらや賞  コバンノメ
「組織向けオーダーメイド和装制服及びその再利用生地の小物製品化ビジネス」

・日本経済新聞社賞  株式会社こころとからだ総合研究所
「KYOTO STYLE 美優古式」

・ヤサカ賞  京都工芸繊維大学大学院先端ファイブロ科学専攻グループ
「交通機関の京都らしい装飾」

・ロマン吉忠賞  日紫喜 友紀 さん
「香と詩歌の空間に誘う京都のまなびたびプラン」
  

 

平成19年度 第1回

<ビジネスモデル部門>

・京都府知事賞最優秀賞・アントレ賞  有限会社絞裏庵
「京鹿の子絞の伝統技術と独自技術である立体加工技術を施した製品の販売及び
ブランド化」

・京都府知事賞優秀賞・京都経済界賞・近畿経済産業局長賞  鎧廼舎「うさぎ塾」
「手作り鎧兜と京都西陣の組紐や伝統敵な京金物を組み合わせた、京都平安期の雅な威色目を施した現代の鎧作り」

・京都経済界賞・近畿経済産業局長賞・京都高度技術研究所賞
京都工芸繊維大学 伝統未来研究センター
「京組ひも技術を利用した熱可塑性複合材料のための繊維状材料の製造及び販売」

・エフエム京都賞・ロマン吉忠賞  株式会社シニア・オン・デマンド
「京都体験型カタログギフト『プレジャーハンティング』の企画・販売事業」

・京都産業21賞 株式会社 京町家の宿(受賞時:京町家オーナーネットワーク)
「町家再生 旅館活用事業」

・京都新聞社賞  京都彫刻家協会 彫刻プロジェクト実行委員会
「彫刻アウトリーチギャラリープロジェクト」

・京都信用金庫賞  彼方此処屋 たなか きょうこ
『きものアミューズメント町家』から普段着キモノの楽しみ方を発信!」

・京都リビング新聞社賞  株式会社鈴屋
「型紙デザインをつかった、ファッションバックの開発・販売」

・くろちく賞  京都職人プロジェクト
「京都の職人による試作開発と新規事業の創設」

  

<文化ビジネスアイデア部門>

・京都府知事賞最優秀賞  安野 侑志 さん
「世界紙芝居コミュニケーションの創造」

・京都府知事賞優秀賞・日本経済新聞社賞  DOG HOUSE BUILDING   小笠原 太一 さん
「都市滞在型別荘のススメ 京都暮らし×タイムシェアリゾート×町家」

・京都府知事賞奨励賞  小野 泰治 さん
「組紐を用いたケーブルおよびケーブルカーの保護利用」

・京都府知事賞奨励賞・MKタクシー賞  ぐるーぷ「あばんしぇ」
「再び大学生 京都留学」

・京つけもの西利賞  黒川 綾子 さん
「エコバッグ ECO」

・京都銀行賞  ウオーターフロント
「文化情報案内標識」の設置と「京都歴史文化ネット」のウエブサイトの構築」

・京都中央信用金庫賞  岡 有香里 さん
「リサイクルちりめんハンカチ」

・KBS京都賞  中島 敏晶 さん
「京都の歴史と文化 コンピュータフラフィックス映像化 国内・国際公開プラン」

・「新日本様式」賞  植村 照 さん
『京都ピアノ』を創る」

・虎屋賞  岡部 俊彦 さん
「千年都市の手技の数々を動画で見よう!」

・日本新薬株式会社賞  京都橘大学文化政策学科3回生小倉ゼミ
「Arts☆人力車」

・ヤサカ賞  北口 正明 さん
「京都英雄タクシー」